日本大学理工学部建築学科
 Department of Architecture. Nihon University College of Science and Technology. 

日本大学理工学部建築学科 駿河台キャンパス
101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
Tel 03-3259-0724(教室事務室)
E-mail www-admin@arch.cst.nihon-u.ac.jp

 

対震構造研究室

所属教員:秦 一平 教授

 
[駿河台校舎5号館564B 号室]
 

多様する建物に対応した「免震」と「制震」の併用システムの構築

 
 本研究室では、地震などの外乱に対し、“安全・安心” な建物を実現するための対地震システム開発や、設計者 が容易に免震や制震構造物設計が可能となる設計法を中心に、研究に取り組んでいます。とくに、現在の建物は多様化になり、「免震」「制震」と区別されていますが、 両者を効率良く併用することで、震度7以上の大地震に対しても有効な「対地震システム」の構築を目指しています。主な研究内容は、以下を進めています。
 

研究テーマ1. 小地震から大地震まで対応可能な対地震システムの開発
企業と連携しながら、対地震システムを開発し、実用 化させることが目的です。とくに、免震・制震ダンパー の D.M. ダンパーや粘性ダンパー、弾塑性ダンパー、積 層ゴム等を組み合わせながら、有効な対地震システムを 開発しています。
 
研究テーマ2. 対地震構造物の簡易設計法に関する研究
建物の固有周期と振動モードから地震に対する必要な 減衰性能を逆算的に求める設計方法の研究です。とくに、 建物の性能を「複素固有値解析」、地震に対する必要性能 を「応答性能設計図表」によりもとめることで、簡易的 な設計方法を研究しています。
 
研究テーマ3. 免震・制震構造物及び免震制震部材の性能評価に関する研究
既存の耐震・免震・制震構造物の性能を常時微動計測 や地震観測から評価する研究と免震・制震部材の性能評 価、検証する研究を目的としています。前者では、大地 震を受けた建物の耐震性評価、安全性評価をし、建物改 修に利用する評価方法の確立、後者では、各種依存性の 性能評価をし、その評価を設計に反映させることを行っています。

 
●指導内容・方法
 
新規性の高い研究を追及しているため、研究室で保有する解析プログラムを利用、発展させながら研究を進めます。また、規模の大きい振動実験をして、理論の検証を行っています。研究成果よりも、研究に対する取り組む過程を大事にしており、スキルの向上、コミュニケー ション、プレゼンテーションに重点を置いています。
 
●年間のスケジュール
 
 年間のスケジュールは下記の通りです。研究テーマの選定(4月)、中間発表ゼミ合宿(9月)、 卒論提出(2月)、最終合宿(3月)。


 

免震・制震構造の設計法及びシステム開発

秦 一平 [教授] / Ippei Hata


博士 (工学)
 
1973年、東京都生まれ。日本大学第三高等学校卒業。1996年、大学卒業。1999年、大学院卒業。1999~2001年、飛島建設技術研究所 勤務。2001~2009年、日本大学理工学部 環境・防災都市共同研究センター。

前のページへ
次のページへ