日本大学理工学部建築学科
 Department of Architecture. Nihon University College of Science and Technology. 

日本大学理工学部建築学科 駿河台キャンパス
101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
Tel 03-3259-0724(教室事務室)
E-mail www-admin@arch.cst.nihon-u.ac.jp

 

建築音響研究室

所属教員:冨田隆太准教授・阪本一生助手・井上勝夫特任教授 
 

[駿河台校舎5号館579A・B号室]

 

音・振動・電磁環境を研究して、
よりよい居住環境を生み出す

 
 当研究室では、建築空間の「快適性」に着目した研究を行っている。特に、音環境・環境振動は、集合住宅を中心に、トラブルも多く問題になりやすい重要なテーマと位置付けられる。平成28年度は以下のような研究テーマを考えているが、これ以外に自分でテーマを掲げて研究をすることもできる。
 

音環境のテーマ
1. 建築物の床衝撃音に関する研究
2. 建築空間内の音圧応答に関する研究
3. 歴史と音環境に関する研究 -歴史をさかのぼり、各時代の暮らしの音環境を考察する-
4. 防災無線の歴史と災害時の情報伝達に関する研究
5. 日常生活における衝撃力のデータベース作成と標準衝撃源に関する研究
6. 音環境に係わる民事裁判の現状と分析
7. 建物の遮音性能に対する測定・評価方法の新たな試み
環境振動のテーマ
8. 環境振動評価に関する研究
9. 高齢者の振動感覚と聴覚系・振動感覚系の連続性に関する研究
10. 戸建住宅の実用的環境振動予測法に関する研究
複合環境のテーマ
11. 高架下や複合ビル内の保育所の建築環境工学に関する研究
12. 床材の性能表示に関する研究
13. 高層建築物の高さが居住者の生理・心理に及ぼす影響

 
 
●指導方法
 1グループ2名程度で卒業研究に取り組む。教員が随時、グループごとに指導を行う。8月、11月には、卒研中間発表会を開催し、質疑応答の形式で行う。2月に卒研発表会を実施する。
 
●年間スケジュール
4~5月:卒研のテーマ相談と関連研究の学習
6~12月:研究内容の実施、中間発表会
1~2月:卒業研究発表会、卒業論文作成


 

音環境、環境振動、床衝撃音、床振動、床仕上げ構造、床弾性、歩行時の快適性・安全性、交通振動、保育施設の音振動環境、振動感覚・評価、加振力、床仕上げ材

冨田 隆太 [准教授] / Ryuta Tomita


博士(工学)/一級建築士
 
1975年、千葉県市川市生まれ。私立市川高等学校卒業。1999年、日本大学理工学部建築学科卒業。2001年、日本大学大学院理工学研究科博士前期課程建築学専攻修了。2001年~日本大学理工学部建築学科。2008年、日本大学理工学部学術賞受賞。


 

音環境、振動環境、集合住宅、遮音性能、床衝撃音、木造建築

阪本 一生 [助手] / Kazuki Sakamoto


1988年生まれ。Walled Lake Western High School (アメリカ、ミシガン州)卒業。2010年、日本大学理工学部建築学科卒業。2012年、日本大学大学院理工学研究科博士前期課程建築学専攻修了。2012年~2016年、株式会社奥村組西日本支社、シンガポール支社 勤務。2016年~日本大学理工学部建築学科。


 

音環境、振動環境、集合住宅、コンサートホール、学校、遮音性能、固体音、建築環境工学、電磁波、振動感覚、床衝撃音、品確法、性能表示制度、歩行特性、歩行感覚、SI住宅

井上勝夫[特任教授] / Katsuo Inoue


工学博士/一級建築士
 
1950年、埼玉県生まれ。埼玉県立松山高等学校卒業。1973年、日本大学理工学部建築学科卒業。1976年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。1976年、日本大学助手。1999年、日本大学教授。1989年、日本建築学会・奨励賞(論文)受賞。2000年、日本建築学会・学会賞(論文)受賞。

前のページへ
次のページへ