更新日 2015-12-27 | 作成日 2015-12-27

日本大学理工学部建築学科 駿河台キャンパス
101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
Tel 03-3259-0724(教室事務室)
E-mail www-admin@arch.cst.nihon-u.ac.jp

山中研究室

所属教員:山中新太郎准教授

[駿河台校舎5号588B 号室]

設計と研究を両立させながら
「建築の設計」と「空間の分析」を
 
 建築はさまざまな研究や実践の上に成り立っています。山中研究室はこれらの成果が最終的に形になって現れてくる部分、すなわち建築や都市を設計・デザインする部分を研究・実践する研究室です。
 研究室には「建築の設計」と「空間論・空間分析」という2つの研究・活動テーマがあります。
 
1.建築の設計
・実施設計や設計支援
・建築設計コンペへの参加
・まちづくりや地域計画への参加
 住宅や集合住宅の設計の現場に参加したり、公共建築の実施設計コンペなどに参加したりすることで、実際の設計活動に触れることができます。また、公共建築の設計やまちづくりなどでは、住民が参加するワークショップや地域のイベントなどに参加し、地域の人たちと一緒に建築やまちを考える機会もあります。
 
2.空間論や空間分析
・建築空間、都市・集落空間の分析
・建築空間論、都市空間論の研究
 
●指導方法
 
 山中研究室では、豊かな感性と明確な問題意識をもって論理的に設計やデザインを行うことができる設計者やデザイナーを育てたいと考えています。そのため、卒業研究では原則として「論文」と「設計」の両方に取り組んでもらいます。論文(50頁程度)については卒業設計を念頭に各自でテーマを見つけ、調査・研究を行います。設計も合わせた卒業研究の指導は概ね毎週1回行われます。
 
●スケジュール
 
4月:論文テーマ発表
5~7月:論文指導
8月:論文中間発表
9月:論文提出・発表。設計テーマ発表。
9~11月:設計指導
12月:設計中間提出
1月:設計最終提出・発表
 
※9月時点で論文の内容に発展性が見込まれる者は、そのまま研究を継続するように指導する場合があります。




建築設計、建築空間論、建築計画、建築空間分析、都市論、都市空間分析、まちづくり、地域計画

山中 新太郎 [准教授] / Shintaro Yamanaka

一級建築士/博士(工学)(東京大学)


1968年、神奈川県鎌倉市生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒業。1992年、日本大学理工学部建築学科卒業。1994年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2001年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。2000年、山中新太郎建築設計事務所設立。2007年、日本大学理工学部建築学科助教。2013年、同准教授。

前のページへ

次のページへ