スタッフ・研究室

計画をテーマとする研究室

都市計画研究室

研究テーマ・キーワード:都市計画都市デザイン都市再生都市景観
所属教員:根上 彰生教授宇於﨑 勝也教授泉山 塁威助教

駿河台校舎タワー・スコラ S803・S804・S805室

都市を“よく”する研究室

研究室の活動内容

学生は2つのゼミのどちらかに所属し、グループでテーマを決めて研究活動を行い、定期的な指導教員とのディスカッションを通して、研究内容を深めていく

研究テーマ

根上ゼミ

  • 都市再生に関する研究(再開発、中心市街地活性化)
  • 商業地、商業施設に関する研究
  • 都市における空間認知・行動に関する研究
  • 環境・防災都市づくりに関する研究
  • まちづくり・地域のマネジメントに関する研究
  • 居住環境、住空間に関する研究
  • 観光地、リゾート地、不動産開発に関わる歴史的視点からの研究

宇於﨑ゼミ

  • 都市景観に関する研究
  • 都心居住に関する研究
  • 都市・都市計画の歴史に関する研究
  • 都市・不動産に関する事業・制度の研究
  • 災害に強いまちづくりに関する研究
  • 人に優しいまちづくりに関する研究

最近の研究論文

  • 赤澤加奈子、宇於﨑勝也、根上彰生「近代期の静岡県伊東市における別荘地形成過程に関する研究」、日本不動産学会平成24年度秋季全国大会(第28回学術講演会)論文集 P.21~28、2012.10
  • 宇於﨑勝也「町会代表者への聞き取り調査にもとづく「地域コミュニティ」活動の分析-東京都千代田区における特徴をとらえて」、日本大学理工学部理工学研究所研究ジャーナル第137号 P.1~8、2016.10
  • 赤澤 加奈子、 小林 剛、 根上 彰生「街並み誘導型と用途別容積型の併用地区計画導入による効果と街区更新の実態に関する考察 」、日本都市計画学会、都市計画論文集、54 巻2号197-202、2019.10

学外活動実績

  • 根上 彰生:東京建築士会理事・防災委員長、目黒区都市計画審議会会長 ほか
  • 宇於﨑勝也:小金井市都市計画審議会会長、東京簡易裁判所所属民事調停委員 ほか

根上 彰生

教授
Akio Negami

博士(工学)一級建築士

1956年、静岡県生まれ。1979年、日本大学理工学部建築学科卒業。1984年、日本大学大学院理工学研究科博士課程修了。1985年、日本大学助手。1997年、日本大学助教授。2003年、日本大学教授。

研究テーマ・キーワード:
都市計画都市設計・計画都市デザイン都市景観まちづくり環境・防災都市商業施設建築企画経営不動産科学
所属:都市計画研究室

宇於﨑 勝也

教授
Katsuya Uozaki

博士(工学)

1963年、東京都大田区生まれ。愛知県立旭野高等学校卒業。1987年、日本大学理工学部建築学科卒業。1993年、日本大学大学院理工学研究科博士後期課程建築学専攻修了。1993年~、日本大学理工学部建築学科。1994〜1995年、平成6年度日本大学長期海外派遣研究員として英国及び欧州諸国を訪問。

研究テーマ・キーワード:
都市計画都市史都市計画史景観不動産環境防災都心居住司法支援
所属:都市計画研究室

泉山 塁威

助教
Rui IZUMIYAMA

博士(工学)/認定准都市プランナー

1984年北海道札幌市生まれ。2003年私立札幌日本大学高等学校卒業、2007年日本大学理工学部建築学科卒業、2009年日本大学大学院理工学研究科不動産科学専攻博士前期課程修了、2015年明治大学出汁学院理工学研究科建築学専攻博士後期課程修了。アルキメディア設計研究所、明治大学理工学部建築学科助手、同大学助教、東京大学先端科学技術研究センター助教を経て,2020年より日本大学理工学部建築学科助教。ほか、一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長、一般社団法人エリアマネジメントラボ共同代表理事、PlacemakingX日本リーダー。主な著書に、「楽しい公共空間をつくるレシピ: プロジェクトを成功に導く66の手法」(共編著・ユウブックス・2020年)、「ストリートデザイン・マネジメント: 公共空間を活用する制度・組織・プロセス」(共著・学芸出版社・2019年)など。主な受賞に、黒石市「こみせ」再生提案競技 保全修理部門 優秀賞(2014)などがある

研究テーマ・キーワード:
都市計画都市デザインまちづくりパブリックスペース活用プレイスメイキングタクティカル・アーバニズムエリアマネジメント
所属:都市計画研究室