更新日 2015-12-27 | 作成日 2015-12-27

日本大学理工学部建築学科 駿河台キャンパス
101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
Tel 03-3259-0724(教室事務室)
E-mail www-admin@arch.cst.nihon-u.ac.jp

佐藤光彦研究室

所属教員:佐藤光彦教授

[駿河台校舎5号館588A号室]

建築家に必要なものは
知力と体力、好きな気持ち
 
 佐藤光彦研究室は、2006年にできた建築設計を専門とする研究室です。ここには主に建築設計の分野を目指 す学生たちが、つくること、デザインすることの幅広い知識と経験を得るために集まってきます。
 大学の先生でもあり、自らの設計事務所を主宰する建築家でもある佐藤光彦先生のもとでは、日々、先生と学生たちが 一丸となり、設計方法の分析や“コンペティション”と呼ばれる建築設計競技などへ取り組み、建築の理論と実践の両面からつくることの楽しさを学んでいます。
 スポーツや音楽と同じように、建築の設計デザインには基礎体力や知識が必要です。建築をつくるためには、建築のことだけではなく、同時に社会的なこと、文化的なことを考えなくてはいけません。さらに、建築の設計は大変な仕事です。でも 、本当に好きであれば、これほど楽い職業もないでしょう。
 将来設計をしたい、デザインをしたい、建築家になりたい 、そういう方は是非、私たちの研究室へいらしてください!また、学部の4 年間は,建築を学ぶには短すぎるので、大学院への進学も勧めます。学生の間にさまざまな環境 に身をおくのも良いことですから、海外や他大学への進学も応援します。
 
●設計・研究テーマ
 
 設計・研究の対象にとくに制限はありません。ただし、「新たな設計方法を提案すること」が条件です。研究においても、計画論、設計論、空間論などにおいて、現在の建築が直面している状況に対しての問題意識と追求が求められます。
 
●研究室の活動
 
 昨年度の活動は,
・実施コンペへの参加
・ゼミ合宿(菊竹清訓建築ツアー、投入堂など)+中間発表
・ニュータウンのマスタープラン作成 今年度は上記に加えて
・他大学との協働による展覧会の企画運営
・住宅の設計(実施および現場監理まで) などを予定しています。
 
●指導方法・年間スケジュール
 
 上記の活動とともに、毎週ゼミを行い、進捗状況を確認しながら指導します。 前期では、建築を考える力を養いながら、設計・研究テー マを絞り込み、夏期休暇中に発展させ、後期は提出に向けて具体化しながら、プレゼンテーションおよび論文の作成を行います。




現代住宅、現代建築、空間論、商品と空間、駅前広場

佐藤 光彦 / Mitsuhiko SATO 

工学士/一級建築士


1962年神奈川県生まれ。1986年日本大学理工学部建築学科卒業。1986年〜92年伊東豊雄建築設計事務所。1993年佐藤光彦建築設計事務所設立。2004年〜06年名古屋市立大学芸術工学研究科。2006年〜日本大学理工学部建築学科。


LINK:佐藤光彦建築設計事務所 

前のページへ

次のページへ