日本大学理工学部建築学科
 Department of Architecture. Nihon University College of Science and Technology. 

日本大学理工学部建築学科 駿河台キャンパス
101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
Tel 03-3259-0724(教室事務室)
E-mail www-admin@arch.cst.nihon-u.ac.jp


 

 
 平成30年度の日本大学理工学部建築学科(日大理工建築)の就職率は97.1%でした。どうしてここまで高い就職率を獲得できているのでしょうか。その理由は2つあります。
 ひとつは、OBOGとの連携です。1949年に新制大学となって以降、日大理工建築は、これまでに3万人以上の卒業生を輩出してきました。日本はもちろん世界で活躍するOBOGとの連携が、学生の皆さんの就職を力強くサポートします。
 もうひとつは、日大理工建築独自の就職支援とキャリア教育があることです。日本大学、また日本大学理工学部としても、それぞれ強力に就職を支援していますが、日大理工建築では、「キャリア教育プログラム」「OBOGと学生との懇談会」「学内における会社説明会・面談会」という“学生を適した職業へと導く3ステップ”を用意しています。これらの継続的な実施が現在の高い就職率へとつながっています。
 ここでは、他大学の建築学科では見られない日大理工建築独自の3つのサポートを、具体的に紹介します。

適した職業へと導く3ステップ!


STEP
まずは、職種の特色を知る
「キャリア教育プログラム」

 
 まず、3年生や大学院1年生は、7月に「建築学科就職・進学ガイダンス」を受講し、最新の就職実績を学び、夏休みのインターンシップの就職体験に備えます。
 その次に11月に行われるのがゼネコンや組織事務所の「意匠」「構造」「設備」「開発」などの設計専門職や研究職に就職を希望する学生を対象とした「キャリア教育プログラム」です。実際に、分野が同じでも企業が異なると、仕事の内容は変わってきます。そこで約2週間にわたり、設計専門職や研究職に就いたOBOGを招いて、それぞれの企業のにおける職業の具体的な内容、将来的な展望などを話していただきます。さまざまな職種をより詳しく知ることで、学生は自分の興味や能力と照らし合わせながら、自分の将来のキャリアを定めていくことができます。その結果、修了生の多くが設計専門職の技術者として、社会で活躍することになります。
 

[平成30年度 キャリア教育プログラム 参加企業]
新日鉄住金エンジニアリング、東急建設、大成建設、日本設計、梓設計、銭高組、佐藤総合計画、竹中工務店、伊藤喜三郎建築研究所、日建設計、清水建設、山下設計、三菱地所設計、大林組、石本建築事務所、安井建築設計事務所、ジェイアール東日本建築設計事務所、鉄建建設、鹿島建設、東亜建設工業、松田平田設計、青木あすなろ建設、NTTファシリティーズ、アール・アイ・エー、戸田建設、久米設計

 

STEP2
6割の学生が参加企業の内定へとつなげる「OBOGと学生との懇談会」

 
 2月になると、 OBOG と学生との懇談会」が開催されます。ここで学生たちは、興味を持った企業のOBOGから直接、仕事の内容ややりがいを聞くことができます。参加企業数は約80社。それぞれの企業からOBOGが集まり、会場のホールには企業ごとのブースがつくられます。学生たちは、気になる企業ブースを気軽に訪ねながら、OBOGとコミュニケーションを取ることができます。OBOGの中には、数年前まで学生だった方々も多く含まれているため、学生たちの不安な気持ちを理解しながら親身になって相談を受けることができます。
 2日間にわたるこの催しに参加する日大理工建築の学生数は約400名。そして、結果として 建築学科(学部卒)の学生の約6割が、参加企業へ内定しています。また、スーパーゼネコンをはじめとした大手企業への内定者数も年々増えています。(詳細は、ページ最下部のリンク先資料を参照ください)
 

[平成30年度 OBOGと学生との懇談会 参加企業]
[建設]
大林組、戸田建設、前田建設工業、三井住友建設、安藤・間、長谷工コーポレーション、熊谷組、東急建設、西武建設、東亜建設工業、大末建設、淺沼組、大本組、松井建設、清水建設、大成建設、西松建設、フジタ、鴻池組、高松建設、奥村組、鉄建建設、青木あすなろ建設、五洋建設、餞高組、飛島建設、北野建設、ナカノフドー建設、佐藤工業、東洋建設、然木建設、大日本土木、鹿島建設
[住宅関係]
積水ハウス、旭化成ホームズ、住友林業、一条工務店、日本住宅、ミサワホーム、大和ハウス工業、三井ホーム、ポラス、パナソニックホームズ、三菱地所ホーム
[不動産関係]
大京グループ、東急コミュニティー、日本総合住生活、スターツグループ、大成有楽不動産、野村不動産パートナーズ、穴吹工務店
[設備・環境関係]
高砂熱学工業、新日本空調、東洋熱工業、三建設備工業、ダイダン、新菱冷熱工業、ジョンソンコントロールズ、芝工業
[設計事務所・インテリア・コンサルタント関係]
構造計画研究所、乃村工藝社、三井デザインテック、東電設計、浅井謙建築研究所、三越伊勢丹プロパティデザイン、オカムラ、日本ERI、丹青社、類設計室、IAO竹田設計、プランテック総合計画事務所
[情報・コンピュータ関係]
構造ソフト[エンジニアリング・建材関係]
大建工業、桐井製作所、JFEエンジニアリング、タカラスタンダード
[製造業・営繕・その他企業]
三菱電機、東日本旅客鉄道、西武鉄道、東京ガスグループ東京電力ホールディングス、東海旅客鉄道

STEP3
1000名以上の学生が参加する「学内における会社説明会・面談会」

 
  3月には、企業の広報活動が開始されるのに合わせて「学内における会社説明会・面談会」を開催します。これは、STEP2の「OBOGと学生との懇談会」を経て、学生から希望の多い企業を選定し、学内で会社説明会・面談会を開催するもので、約50社が参加します。2週間にわたり、1日4〜5社がそれぞれ90分間の会社説明会・面談会を行います。学生たちは、興味のある企業の説明会へ参加することが可能で、延べ1000名の日大理工建築の学生たちが参加し、内定へと結びつけています。
 

[平成30年度 学内における会社説明会・面談会参加企業] 
東亜建設工業、新菱冷熱工業、東急建設、大成有楽不動産、北野建設、乃村工藝社、三菱地所ホーム、鉄建建設、三井デザインテック、前田建設工業、東急コミュニティー、三井ホーム、飛島建設、一条工務店、日本住宅、東日本旅客鉄道、戸田建設、ダイダン、安藤・間、住友林業ホームテック、三井住友建設、スターツグループ、ミサワホーム、東洋建設、鴻池組、野村不動産パートナーズ、調谷組、西武建設、大京グループ、旭化成ホームズ、東海旅客鉄道、長谷工コーポレーション、ポラス、大和ハウス工業、鹿島建設、ピーエス三菱、住友林業、餞高組、タカラスタンダード、フジタ、高松建設、西武鉄道、奥村組、東京ガスグループ、西松建設、東京電力ホールディングス

 このシステムは、毎年参加企業を見直しながら、よりスムーズに日大理工建築の学生を社会へと結びつけています。

松波圭亮
(2008年 大学院修了)
銭 叶蓓
(2013年 大学院修了)
伊藤 唯
(2011年 大学院修了)