スタッフ・研究室

計画をテーマとする研究室

建築計画研究室(佐藤慎也ゼミ)

研究テーマ・キーワード:アート芸術文化施設美術館展示空間劇場・ホール劇空間
所属教員:佐藤 慎也教授大川 碧望助手

駿河台校舎タワー・スコラ S806室

今の時代における建築(=アーキテクチャ)の可能性を共に考えていきたい

「建築とアート」をテーマとして,芸術文化施設の建築計画に関する研究を行っています。同時代のアートを公開・鑑賞する場所である芸術文化施設を研究対象とするためには,アート自体への関心を深めることが重要です。ここで扱うアートは,絵画やインスタレーションといった美術,演劇やダンスといったパフォーミングアートなど,あらゆるジャンルの表現を含んでいます。それらは「もの」としての作品だけでなく,「こと」としての作品,さらに「ひと」を含み込んだ作品へと拡がっており,それに対応する新しい施設のあり方が問われるようになってきました。また,同時代のアートでは,既成のジャンルにとらわれない横断的な表現も行われており,その公開場所も既存のビルディングタイプにとらわれない拡がりを見せています。その延長として,アートプロジェクトをはじめとする,アートと地域コミュニティについても考えていきます。さらに現代においては,施設建設にとらわれないシステム策定にまで,建築デザインの領域は拡がっています。建築家という職能のあり方が更新される時代において,これまでの芸術文化施設とアートとの関係を超えた,新しい「建築とアート」の関係について考察していきます。
卒業研究・設計では,建築計画に関するものであれば,上記の研究室テーマにとらわれずに,各自の興味に合わせたテーマを設定することも可能です。

研究室での取り組み

アートプロジェクトへの参加やアーティストとのコラボレーションによる作品制作,展覧会の展示デザインなどの実践的な活動を行います。研究室の最新情報へのアクセスには以下を登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40wqi5261w

指導方針(学部生)

3 班に分け,各班が3 週に1 回のゼミを行い,進捗状況を確認しながら指導していきます。

佐藤 慎也

教授
Shinya Satoh

博士(工学)一級建築士

1968年、東京都田無市(現西東京市)生まれ。東京都立武蔵野北高等学校卒業。1992年、日本大学理工学部建築学科卒業。1994年、日本大学大学院理工学研究科博士前期課程建築学専攻修了。1994~1995年、(株)I.N.A.新建築研究所 勤務。1996年~、日本大学理工学部建築学科。

研究テーマ・キーワード:
アート芸術文化施設美術館展示空間劇場・ホール劇空間
所属:建築計画研究室(佐藤慎也ゼミ)

大川 碧望

助手
Aono Okawa
所属:建築計画研究室(佐藤慎也ゼミ)