スタッフ・研究室

構造をテーマとする研究室

RC構造・構造解析研究室

研究テーマ・キーワード:鉄筋コンクリート(RC)数値解析耐震性能評価損傷評価耐震性能の時間依存性
所属教員:長沼 一洋教授田嶋 和樹教授

駿河台校舎タワー・スコラ S904・S905室

数値解析を駆使して、
鉄筋コンクリート構造の真実を明らかに

研究室の活動内容

鉄筋コンクリート(RC) 構造の数値解析に関するトップランナーとして、RC構造物の「真の耐震性能」を評価するために、数値解析に基づく耐震性能評価手法の確立を目指して研究を継続しています。具体的には、三次元非線形FEM解析に代表される高度な数値解析技術によって、RC 部材や構造物の抵抗機構を詳細に解明し、建物の耐震性能に対する理論的な裏づけを行います。さらに、これらの抵抗機構を表現可能な簡易解析モデルで提案し、実務レベルでも活用可能で高精度な耐震性能評価法の実現を目指します。これらの研究は、より安全で合理的な設計法の確立を目指すとともに、被災した建物の残余耐震性能評価手法の高度化や効果的な耐震補強方法の開発まで意識した次世代に向けたチャレンジです。近年は他大学や企業と連携した研究テーマも増えています。私たちが保有する数値解析技術を提供することにより、RC 構造に関わる種々の問題の解決に挑戦したり、社会に役立つ技術開発に貢献したりする大学間連携や産学連携の体制が構築されつつあります。

研究テーマ

  • RC 構造物の耐震性能評価に関する研究
    例)三次元非線形FEM解析によるRC造柱梁接合部の地震時挙動シミュレーション
    RC造骨組の軸支持性能低下を考慮した崩壊シミュレーション
  • RC 構造物の地震損傷評価に関する研究
    例)数値解析に基づくRC構造物に対する新たな損傷指標の提案
    RC造建物群に対する損傷評価手法の提案と都市の安全性評価
  • 補修・補強後RC 構造物の耐震性能評価に関する研究
    例)骨組解析に基づく耐震補強されたRC造学校校舎の地震損傷評価と補強効果の検証
  • RC 構造物の耐震性能の時間依存性に関する研究
    例)RC造建物に生じる収縮ひび割れの予測と構造性能評価
    火災後のRC造建物の耐震性能評価

研究・実績の紹介

大地震後に現地調査に赴むくと、新しい「謎」に出会います。
このようなRC構造の様々な「謎」に興味を持ち、数値解析や実験を通じてその「謎」解明し、その真実を理論的に説明することに挑戦しています。

最近の研究論文

長沼

  • 赤井冬来、田嶋和樹、長沼一洋、佐藤 裕一:塑性ひずみエネルギーに基づくコンクリート構造物の損傷指標、日本建築学会構造系論文集、No.742、pp.1925-1933、2017.12
  • 加藤舜也、長沼一洋、田嶋和樹、佐藤裕一:FEMによるRC構造物の時間依存挙動解析手法の構築と超高層建物への適用、コンクリート工学年次論文集、Vol.41、No.2、pp. 49-54、2019.7
  • 月成真隆、丸田誠、渡邊一弘、長沼一洋:プレストレストコンクリート有孔梁のせん断強度に関する研究、コンクリート工学年次論文集、Vol.41、No.2、pp. 169-174、2019.7
  • 早坂香苗、田嶋和樹、長沼一洋:RC造柱梁接合部のひび割れ開閉挙動が構造性能に及ぼす影響に関する研究、コンクリート工学年次論文集、Vol.41、No.2、pp.283 -288、2019.7
  • 笠原貴喜、田嶋和樹、長沼一洋:火災加熱を受ける鉄筋コンクリート柱の解析精度と影響因子に関する研究、コンクリート工学年次論文集、Vol.41、No.2、pp.1019 -1024、2019.7

田嶋

  • K. Tajima、R. Satoh、S. Uchino、K. Naganuma、N. Shirai : Seismic Retrofitting Effects of Steel Brace on Capacity of Shear-Critical RC Frame Using Round Bars、Conference Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering、Paper No.666、2017.1
  • 小川慶一郎、田嶋和樹、長沼一洋:被災した鉄骨ブレース補強RC造建物の地震応答解析に基づく損傷状態の検証、コンクリート工学年次論文集、Vol.40、No.2、pp. 997-1002、2018.7
  • 河野圭一郎、田嶋和樹、長沼一洋:非線形領域を考慮した偏心RC造骨組のねじれ応答評価手法の構築、コンクリート工学年次論文集、Vol.40、No.2、pp. 613-618、2018.7
  • 蓮池類、田嶋和樹、長沼一洋:Shear-Frictionモデルの釣り合い方程式に基づくRC造柱の軸限界状態曲線の修正式、コンクリート工学年次論文集、Vol.41、No.2、pp. 133-138、2019.7
  • 市川大真、田嶋和樹、長沼一洋:兵庫県南部地震の被害調査報告に基づくRC造建物群に対するOverstrength Factorの推定、コンクリート工学年次論文集、Vol.41、No.2、pp. 745-750、2019.7

学外活動実績

長沼

2018年4月~ 日本建築学会 強非線形問題小委員会
2016年4月~ 千葉市 総合評価落札方式学識委員
2015年10月~ 日本建築学会 PC耐震設計小委員会
2013年4月~2018年3月 日本建築学会 強非線形問題の理論と応用小委員会
2012年4月~2014年3月 東京工業大学 先端無機材料共同研究拠点共同研究委員会
2012年4月~2014年3月 日本建築学会 代議員
2010年6月~2012年5月 日本建築学会関東支部 常議員・学術幹事
2009年4月~2013年3月 日本建築学会 強非線形問題と予測性能小委員会
2008年4月~2010年3月 コンクリート工学協会 コンクリート工学編集委員会
2007年4月~2009年3月 日本建築学会 建築構造の強非線形問題小委員会
2005年4月~2009年3月 日本建築学会 鋼・コンクリート合成構造運営委員会
2005年4月~2009年3月 日本建築学会 鉄筋コンクリート構造運営委員会
2003年4月~2005年3月 日本建築学会 C系構造の部材解析モデルと設計法小委員会
1999年4月~2003年3月 日本建築学会 コンクリート系構造の部材解析モデル検証小委員会
1995年7月~1997年3月 日本建築学会 終局強度設計小委員会
1995年4月~2000年3月 日本建築学会関東支部 構造専門研究委員会
1990年4月~1994年3月 日本建築学会 原子力プラントコンクリート構造小委員会
1986年4月~1989年3月 日本コンクリート工学協会 RC構造の有限要素解析と設計法研究委員会委

田嶋

2017年4月~ 日本鉄筋継手協会 機械式継手性能小委員会
2017年4月~ グッドアイズ建築検査機構 監視委員
2016年4月~ 日本建築センター コンクリート系住宅構造委員会評定委員
2014年4月~ 日本コンクリート工学会 コンクリート技士試験東京会場WG
2011年4月~ 日本建築学会関東支部 地震災害調査連絡会
2017年4月~2019年3月 日本コンクリート工学会 コンクリート工学論文集査読委員会
2017年4月~2019年3月 日本コンクリート工学会 代議員
2016年12月~2018年7月 日本コンクリート工学会 年次論文査読委員会
2016年4月~2020年3月 日本コンクリート工学会 コンクリート診断士講習委員会
2015年4月~20173月 日本コンクリート工学会 関東支部役員
2012年4月~2014年3月 日本コンクリート工学会 コンクリート技士試験委員会品質・構造WG
2011年4月~2015年3月 日本コンクリート工学会HP-WG
2011年3月~2013年3月 日本コンクリート工学会 鉄筋腐食したコンクリート構造物の構造・耐久性能評価の体系化研究委員会
2010年12月~2012年11月 日本建築学会関東支部 耐震構造の設計改定WG
2009年4月~2011年3月 日本コンクリート工学協会 コンクリートと補強材の付着定着挙動と構成則の利用研究委員会
2008年4月~2009年3月 日本コンクリート工学協会 プレキャストコンクリート製品の設計と利用研究委員会
2007年4月~2015年3月 日本建築学会関東支部 構造専門委員会RC-WG
2006年4月~2008年3月 日本コンクリート工学協会 非線形有限要素解析法の利用に関する研究委員会
2005年4月~2015年3月  日本コンクリート工学協会 電子情報化委員会
2005年4月~2007年3月 日本コンクリート工学協会 文献調査委員会
2005年4月~2007年3月 日本コンクリート工学協会 被災構造物の復旧性能評価研究委員会
2004年4月~2005年3月 日本コンクリート工学協会 被災構造物の補修補強後の耐力変形性状研究委員会

長沼 一洋

教授
Kazuhiro Naganuma

博士(工学)一級建築士

1957年、山梨県西八代郡下部町生まれ。山梨県立巨摩高等学校卒業。1981年、千葉大学工学部建築学科卒業。1983年、千葉大学大学院修士課程建築学専攻修了。1983~2015年、(株)大林組勤務。2015年~日本大学理工学部建築学科。

研究テーマ・キーワード:
耐震構造鉄筋コンクリート構造鋼・コンクリート混合構造有限要素法材料構成則非線形解析熱伝導・熱応力解析
所属:RC構造・構造解析研究室

田嶋 和樹

教授
Kazuki Tajima

博士(工学)コンクリート技士

1977年、茨城県稲敷郡美浦村出身。土浦日本大学高等学校卒業。1999年、日本大学理工学部建築学科卒業。2004年、日本大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。2004年~日本大学理工学部建築学科。

研究テーマ・キーワード:
コンクリート鉄筋コンクリート構造ひび割れ破壊力学数値解析マルチスケール耐久性
所属:RC構造・構造解析研究室